REIT投資 不動産投資は昔から変わらず人気

REIT投資 不動産投資は変わらず人気

リート(REIT)とは不動産投資の一種

REIT投資は不動産投資の一種

不動産投資信託REITは、不動産が持つ特性と金融商品が持つ特性が合致して生まれました。

 

REIT投資は、実際の不動産を売買するのとは違い、いわば、その不動産の一部を証券のような形で入手します。
ですから、入居者がいないと悩む必要がなく、REIT投資では売買も比較的すぐ出来ます。

 

不動産投資でのよいところとは、継続収入があるということです。

 

REITでも、購入した単位によって、配当金として、受け取ることができます。

 

これは、不動産からの収益を得て、REITの投資家へ還元する受益権が証券として扱われるためです。

 

REITと「不動産投資信託」

 

REITの日本語訳を「不動産投資信託」と言われています。しかし、これでは解釈が広すぎます。そもそも「投資信託」には、証券市場で取引される証券のほか、非上場のREITや銀行などが企画・販売する「不動産投資信託」があるためです。そのため、不動産投資信託と「リート」は区別して考える必要があります。

 

REITは安全な投資

 

REITは、不動産の売却を目的とした不動産の開発・分譲が原則できないこと、投資者への収益還元割合の下限設定があります。

 

REITを扱っている会社と一般の株式会社の違いは、高配当義務とひきかえに法人税が優遇される点です。上場されたREIT株は市場において取引されるため、REITの収益の大半が保有不動産の家賃になります。そのため、一般の株式にくらべて大きな配当増や、REIT(証券)価格の乱高下は期待しにくいです。

 

一方、REITで扱う不動産賃貸契約は一般的に安定していて、リスクが小さいといわれています。そのため投資家のポートフォリオのリスク分散になり、安全パイとなる新たな投資先として認識されつつあります。


お探しの情報は見つかりましたか?

お探しの情報がなかった場合、さらに検索できます。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ